●WA96(+)点蔵出バックヴィンテージ正規品 《カレラ》 ピノノワール “ド・ヴィリエ” [200...

●WA96(+)点蔵出バックヴィンテージ正規品 《カレラ》 ピノノワール “ド・ヴィリエ” [200...

はなまるなネット通販サイト

はなまるネット通販 > ●WA96(+)点蔵出バックヴィンテージ正規品 《カレラ》 ピノノワール “ド・ヴィリエ” [200...
●WA96(+)点蔵出バックヴィンテージ正規品 《カレラ》 ピノノワール “ド・ヴィリエ” [200...
価格:13,824
販売元:カリフォルニアワインあとりえ
■ カリフォルニアワイン商品一覧はこちらよりご覧頂けます≫≫ ギフト対応 >> 【喜ばれる御祝 御礼 内祝など祝儀の品として】 結婚式引き出物・結婚祝い・結婚内祝い・出産祝い・成人式祝い・快気祝い・引っ越し祝い・卒業式・入社祝い・お誕生日プレゼント・パーティープレゼント包装【季節の贈り物として】 母の日・父の日・お中元ギフト・敬老の日・ハロウィン・お歳暮・クリスマスプレゼント・ゆく年くる年新年のご挨拶・お年賀・新春ごあいさつまわり・成人の日・本命バレンタインデーラッピング・義理チョコ・ホワイトデー・冬ギフト・人気のセット 【手土産やお心づかいとして】 御祝・御礼・ご挨拶SALE・粗品・ご贈答品・贈答用ギフト・進物・お返し 【海外旅行のお土産にも】 アメリカ土産・海外土産・おみやげ 【イベント用として】ゴルフコンペ景品・ベスグロ・参加賞・バーディ賞・忘年会・新年会・記念品蔵出し熟成バックヴィンテージ限定入荷今や時価100万円超のロマネ・コンティ... 同じ味わいが100分の1以下価格?もはや説明不要のカリ・ピノの奇跡。名立たるグランクリュを凌駕するピノノワールの名手《カレラ》 ピノノワール “ドヴィリエ” マウント・ハーラン・エステイト 2009Calera Wine Company Pinot Noir “de Villiers” Mt. Harlan Estate カレラ擁する6つの単一畑ピノにあって、ここのところ抜群の安定感を誇るド・ヴィリエ。飲めば納得のクオリティであり、有力批評媒体においても仕上がりの卓抜さが証されています。 一連のカレラ単一畑にあって、ワインアドヴォケイトでは筆頭級クオリティと讃えられる時もあるド・ヴィリエですが、まさにそんなヴィンテージ。同銘柄の歴代第一位評価を授かる2009年が限定入荷致しました。2018年6月販売分としては、大変珍しい機会です。ワイナリーの冷暗カーヴで静置を続けたライブラリー・ヴィンテージにつき、コンディションにもご安心下さい。(蔵出正規品) 《カレラ》 ピノ・ノワール “ド・ヴィリエ” 2009貴重な直近蔵出し上級年号熟成バックvtg(輸入元表リスト掲載無し・限定裏アイテム) 熟成バックヴィンテージを選ぶ際、入手経路に注意を払う必要は知られるところでしょう。世には、「あの怪しいワイン、あのショップが買ったのか...」といった例が少なからずあります。(二次流通品他、フェイク品と思しきものも) 対してこちらは、ワイナリー公認正規エージェント、J社扱いの蔵出し品。(東証一部上場企業) ワイナリーが意図して冷暗カーヴに長く静置を続け、先頃満を持して出荷されたライブラリーヴィンテージです。熟成ワインを得る際には理想的な過程を経た直近の蔵出し分につき、コンディションにもどうぞご安心下さい。 【銘柄概要】ロバート・パーカー氏のワインアドヴォケイトにおいては、ジェンセンに肉薄する時も度々であり同媒体が定める最高峰の称号、“エクストラ・オーディナリー”(Extraordinary)も受勲。畑のロケーションはジェンセンの西側、ミルズの北側に隣接する区画にあり、午前中の優しい陽光を浴びる東側斜面に位置する。北側に面することで酒肉が柔らかなリードやセレック、そして、強く長い午後の陽ざしを受けるライアンのキャラクターに比しては双方の中間領域。概ね等しい栽培環境から、性格はジェンセンに最も近いと評される特性を持つ。勿論所謂「ロマネ・コンティ・クローン」。 ■ 2009vtg:ワインアドヴォケイト96+点 (批評アントニオ・ガッローニ) The Wine Advocate #202より:The 2009 Pinot Noir De Villiers Vineyard, from vines planted in 1997, bursts from the glass with expressive, juicy fruit. Dark red berries, flowers, mint, spices and an orange rind follow, leading to a generous, inviting finish. The De Villiers is the only vineyard-designate Pinot made from fully de-stemmed fruit. It is a towering wine of incomparable class and elegance. Simply put, this is a stunning showing from Calera. Anticipated maturity: 2012-2024. Drink Date:2012-2024. Rating 96+. Antonio Galloni 従来よりカレラ・ピノノワールの自社畑銘柄(マウント・ハーラン・エステイト)には、ワイナリーへを残した人物名が冠されます。こちらのド・ヴィリエも同様に、命名由来は日本語訳版も著される書物、「ロマネ・コンティに挑む カレラ・ワイナリーの物語」(“The Heartbreak Grape -A California Winemaker's search for the perfect Pinot Noir-”)の作者、マルク・ド・ヴィリエ氏(Marq De Villiers)より。今日のカレラ躍進に大きく寄与したことから、創業者のジョシュ・ジェンセン氏より畏敬の念を込め名付けられています。 コンディションに安心の直近蔵出しワイナリー・ライブラリーヴィンテージ 【品種構成】ピノノワール Pinot Noir【原産地呼称】カリフォルニア州>セントラルコースト>サン・ベニート郡>マウント・ハーランAVA|Mount Harlan, San Benito County, Central Coast, California, USA【タイプ】[赤] フルボディ Full【内容量】750ml 人はそれを『カリフォルニアのロマネ・コンティ』と言う。 ■ 世界で最も著名なワイン批評家、ロバート・パーカー氏 (ワインアドヴォケイト誌)■ 二大専門誌の一方、ワインスペクテイター誌■ 通称「パリ事件」こと“1976年ジャッジメント・オブ・パリ”(パリスの審判)の提唱者として、また、世界で最も有名なワインスクール『アカデミー・デュ・ヴァン』の主宰者でもある、現デキャンタ誌の編集顧問、スティーヴン・スパリエ氏 その他『ワインジャーナル』、『ワインニュース』、『ダイニング』の各専門誌に加え、果ては、一般紙の『ニューヨークタイムズ』、『タイム』、『USAトゥデー』等々... 数え上げれば、枚挙にいとまがありません。「成功が約束される地はブルゴーニュのみ。」と信じられていたピノノワールの最高峰、ロマネ・コンティを向こうに回し、カリフォルニア産ピノノワールのポテンシャルを広く知らしめた第一人者。それこそが、ジョシュ・ジェンセン氏率いるカレラです。 ニューヨークタイムズ紙が企画したブラインドテイスティングでは、DRC(ロマネ・コンティ社)のリシュブール、ヴォギュエのミュジニー、デュジャックのクロ・ド・ラ・ロッシュ等、そうそうたるグランクリュを次々と破る快挙を演じたワインも、それらのわずか数分の一の価格で取引されるカレラのピノノワールだったのです。(画像右はジョシュと共に快挙を報じるNYタイムズ) それにしても、なぜカレラだけがロマネ・コンティと同格に扱われるのでしょう? 《カレラ》 -Calera Wine Company- カレラの創設者であるジョシュ・ジェンセン氏は、エール大学とオッスフォード大学にて学んだ後、ワイン好きが興じて仏・ブルゴーニュのロマネ・コンティ社(DRC)の門を叩きます。栽培から醸造、熟成を経て出荷に至る種々のノウハウをDRCに学んだジョシュは、米国へと帰国する際、DRCの共同経営者の一人、オベール・ド・ヴィレーヌ氏に、畑を取得する際の最優先事項を尋ねました。「まず、土壌が石灰質であること。」ヴィレーヌ氏の言葉を胸に、ジョシュはカリフォルニアでそのような土壌を探すわけですが、その際に「人工衛星を駆使した。」とも伝えられました。やがてジョシュはセントラル・コースト地区>サン・ベニート群>マウント・ハーラン地区に位置する標高700m辺りの山並みに、要件を満たす畑を開墾するに至ります。{画像右:畑内に点在するライムストーン(石灰)と、過去にこの場所で使われた石灰の焼き窯。それが即ち“Calera”の意} 畑(土壌)の要件が解決され、残すところはぶどう樹。実は、この時ジョシュは、 「ロマネ・コンティの畑から、こっそりと苗木を持ち帰った。」 とも伝えられています。(通関時の検疫により、そうそう容易いことではありません。) ワインの味わいを絶対的に左右する“クローン”。それさえも同一のものとして、ロマネ・コンティを凌駕するワイン造りに挑み続けた結果、今ではあまたのファンを擁するに至ります。 「ロマネ・コンティと同じ遺伝子」 それは何も、人気TV番組に取り上げられたジェンセンに限られるものではありません。セレック/リード/ミルズ/ライアン/ド・ヴィリエもまた、同じロマネ・コンティの穂木から生まれるワインであり、生育環境も概ね等しいものです。(異なる区画によりワインの名称が分けられているだけ。) ロバート・パーカー氏はカレラのピノノワールに対し、次のようなコメントを残しました。 『カリフォルニアに限らず、カレラこそがこの地球上で最も完璧なピノ・ノワールの専門家である。』(by ロバート・パーカー) カリ・ピノの真髄を確かめる一つとして、避けては通れぬ造り手です。

楽天ウェブサービスセンター

●WA96(+)点蔵出バックヴィンテージ正規品 《カレラ》 ピノノワール “ド・ヴィリエ” [200... トップへ戻る