《レイミー》 シャルドネ “ハイド・ヴィンヤード” ナパヴァレー・カーネロス(カルネロス) [201...

《レイミー》 シャルドネ “ハイド・ヴィンヤード” ナパヴァレー・カーネロス(カルネロス) [201...

はなまるなネット通販サイト

はなまるネット通販 > 《レイミー》 シャルドネ “ハイド・ヴィンヤード” ナパヴァレー・カーネロス(カルネロス) [201...
《レイミー》 シャルドネ “ハイド・ヴィンヤード” ナパヴァレー・カーネロス(カルネロス) [201...
価格:10,617
販売元:カリフォルニアワインあとりえ
■ カリフォルニアワイン商品一覧はこちらよりご覧頂けます≫≫ ギフト対応 >> 【喜ばれる御祝 御礼 内祝など祝儀の品として】 結婚式引き出物・結婚祝い・結婚内祝い・出産祝い・成人式祝い・快気祝い・引っ越し祝い・卒業式・入社祝い・お誕生日プレゼント・パーティープレゼント包装【季節の贈り物として】 母の日・父の日・お中元ギフト・敬老の日・ハロウィン・お歳暮・クリスマスプレゼント・ゆく年くる年新年のご挨拶・お年賀・新春ごあいさつまわり・成人の日・本命バレンタインデーラッピング・義理チョコ・ホワイトデー・冬ギフト・人気のセット 【手土産やお心づかいとして】 御祝・御礼・ご挨拶SALE・粗品・ご贈答品・贈答用ギフト・進物・お返し 【海外旅行のお土産にも】 アメリカ土産・海外土産・おみやげ 【イベント用として】ゴルフコンペ景品・ベスグロ・参加賞・バーディ賞・忘年会・新年会・記念品ロバート・パーカー認定最高峰タイトル“Extraordinary”/ ワインスペクテイター誌5ツ星ボルドー九大ワイン、シャトー・ペトリュスでも醸造を担ったカリフォルニアのトップワインメーカー、暫定RP100点評価もマークするデヴィッド・レイミー氏の100%責任醸造ワイン《レイミー》 Ramey Wine Cellars by David Ramey 信頼を裏切らぬワインならレイミー。抜群の安定性を誇ります。 ※ロバート・パーカー(ワインアドヴォケイト) / ※アントニオ・ガッローニ(ヴィノス -VINOUS-) / ※ジェームズ・ラウビー(ワインスペクテイター誌シニアエディター) / ※スティーヴン(ステファン)・タンザー等々。著名な批評家の誰もがワールドクラスの筆頭級に推すレイミーのシャルドネですが、他にも別格視する人々の声を耳にします。 「絶対に間違えるはずがない。」と豪語した某エキスパートが、「有名生産者のボーヌ・グランクリュはこちら!」と断じたら逆であったり、名の通るブルゴーニュ贔屓は、「ピュリニーやバタールの特級に同等かそれ以上。」「コントラフォンが本当に造りたいのはこのスタイルである筈。」と感心しきりとか。ところが価格はそれらの半額未満。 シャトー・ペトリュス擁するムエックス社の醸造チームに加わり、傘下のドミナスでフランス至上主義者の煩い口をつぐませた張本人、デヴィッド・レイミー自らの所有ワイナリーが《レイミー・ワインセラーズ》。とりわけシャルドネに対する高い賛辞は、広く世界に響き渡ります。例えば、第三回米仏銘醸対決(※)。そこで、欧州を代表する名立たる専門家諸氏により「最上のカリフォルニアワイン」として選ばれたシャルドネも、デヴィッド・レイミーの手掛けたハイド・ヴィンヤードでした。 (※「1976年パリ事件」こと、ジャッジメント・オブ・パリ −パリスの審判−に続く30周年比較テイスティングイベント、“JUDGMENT OF PARIS & 30th ANNIVERSARY CELEBRATION”) 欧州を代表する複数の権威により「第一位」に選ばれたカリフォルニア・シャルドネ《レイミー》 シャルドネ “ハイド・ヴィンヤード” ナパヴァレー・カーネロス 2006年の第三回米仏銘醸対決は、ホームとアウェーの利害を極力排除すべく、会場を二か所に分け開催されました。いずれの会場においても、1976年の開催を超える顔ぶれが審査にあたる中、欧州側のパネリストにより選ばれたNo.1シャルドネがレイミーのハイドでした。 【2014年の評価】※ ロバートパーカー監修ワインアドヴォケイト93点※ スティーヴン(ステファン)・タンザー93点※ アントニオガッローニ92点※ ワインエンスージアスト94点 【第三回米仏銘醸対決】-JUDGMENT OF PARIS 30th ANNIVERSARY CELEBRATION 2006- 1976年から30年を経た2006年5月24日、スティーヴン・スパリエの呼びかけにより、三度目の米仏ワイン決戦開催。過去と同じように、進行方法を巡り主張の応酬も繰り広げられたが、蓋を開ければ、またしてもフランス勢が辛酸を舐めることに。赤のエントリーは、30年前に変わらぬ同年号同銘柄、ピークが過ぎる白ワインは異なる銘柄を選抜。審査方法は、各パネリストの評点を合算させる“ボルダ・カウントシステム”、産地のみを明かしたセミブラインド方式を採用。開催地として選ばれた先は、ロンドンの有力ワイン商「ベリー・ブラザーズ&ラッド -BBR-」と、ナパ・ヴァレーにある食とワインのアミューズメント施設「コピア -COPIA-」(現The Culinary Institute of America) 審査員には、1976年の開催時をも凌ぐ世界最高峰の専門家諸氏が据えられた。結果、上位を占めたワインは、またもやカリフォルニア勢。主催者(スパリエ)と審査員からは、次の様なコメントが残された。「今回はフランスが勝利すると信じて疑わなかった。」(スティーヴン・スパリエ)「双方の違いを認識できない”という事実に感銘を受けた。」(他パネリスト) ■ ハイド・シャルドネの中で安定度はレイミーこそが大本命。見事なまでにハズレに出くわしません。 第3回米仏銘醸対決#総合3位に選ばれたシャルドネに、パッツ&ホールの“ハイド”がありますが、同じハイド・ヴィンヤード産であっても、双方の間には結構な性格の違いがあるものです。ハイドの果実とは、ワイン生産者が望む仕様に沿う栽培プロセスを経ます。例えば収穫タイミングの決定もその一つであり、レイミーの収穫は、過熟の危険もはらむギリギリの完熟を好むパッツ&ホールより一週間以上も前。麗しい酸を伴うレイミーの「らしさ」とは、こういったところも一つの要因として挙げられます。だからこそ、一つ一つの畑にある個性の描写を可能とさせるわけであり、それもまたレイミーがレイミーたるゆえん。(過熟は畑の性格を消し似たり寄ったりの味わいとしてしまう)樽のトーストレベルにデコレーションを控えめに、果実生来のチカラに委ねる仕立てを可能としています。 【味わい】高級感と共に口中に染み入る繊細さも併せ持つシャルドネ。グラス中では蜂蜜、ラフランス、白桃といった高貴なシャルドネが持つアロマが立ち、口中では香ばしい炒ったナッツとトーストの風味がリッチな感を増します。釣り合いの良い酸により酒肉には淀みがなく、コクのある食材にも位負けせず奥行きのある味わいを楽しませてくれます。 ▼ レイミー単一畑シャルドネ 1) 圧倒的なミネラル感とギュッと引き締まる凝縮味を特色とする“ハイド”(こちらのワイン) 2) 麗しい酸と風味の香しさを特色とし、均衡に秀でる酸の縁取りが実に見事なリッチー >> ・・・高級ファインピノ&シャルドネの宝庫、ソノマコーストの中でも格別の小地区、「真のソノマコースト」こと“True Sonoma Coast”きっての代表的特級格畑。RP100点生産者のオーベール -Aubert-やポール・ホブス -Paul Hobbs-も御用達。 クオリティのみならず理性的な価格もレイミーの優れた点。オーベールのハイドは20,000円超、キスラーならば時価3万円超のハイドも見られる中、長い間穏やかな価格が維持されています。 【品種構成】シャルドネ100% Chardonnay【発酵】フレンチオーク小樽【熟成】フレンチオーク×20か月(新樽31.5%)【原産地呼称】アメリカ>カリフォルニア州>ナパヴァレー>ロス・カーネロスAVA|Los Carneros, Napa Valley, California, USA【タイプ】[白] コクのある辛口 Dry【内容量】750ml 【生産者概要】 レイミー・ワインセラーズとデヴィッド・レイミー -Ramey Wine Cellars by David Ramey- 世界最高峰のワインシンクタンク、UCデイヴィス(カリフォルニア大学デービス校)にて醸造学を修め渡仏。ボルドーではペトリュスで知られるクリスチャンムエックス社にてワイン造りを担った後、やがて帰国と共にカリフォルニアの高級ワイナリーに請われ、幾つもの有名ワインを手掛けるに至る。その先とは、ドミナス -Dominus-、ラッド・エステイト -Rudd Estate-(パーカー99点生産者)、チョークヒル -Chalk Hill-(同RP96)、マタンザスクリーク -Matanzas Creek-(同RP95)等々。現在、ほぼ全てが一流生産者としての名声を確固たるものとしているが、中にはレイミー氏が去った後に著しく評価を落とした先も見られる。クライアントのワインを第一級品へと導くその才腕から、氏のもとには独立後も指南を請う先が経たず、遠く南カリフォルニアはサンタバーバラでもコンサルティングワインメーカーに就いた。ディアバーグ(スターレーン)もその一つであり、創業当初からワイナリーの経営安定期までワイン造りのプログラム進行に携わった実績を持つ。 1996年、満を持して自身の責任醸造ワイン“Ramey”を発表。レイミーが用いる果実は、ナパヴァレーとソノマの中でも格別の扱いを受けるグランクリュ格より供される。但しそれも月並みのネゴシアン式でなく、デヴィッド・レイミーの好む仕様のもとで果実収穫タイミングが決定されるなど、契約畑の栽培過程にも深く関与する。醸造テクニックのみならず、こういったところもまた、カリフォルニアのトーンにフレンチのエスプリが加わる“レイミー・スタイル”に欠かせぬ要素である。

楽天ウェブサービスセンター

《レイミー》 シャルドネ “ハイド・ヴィンヤード” ナパヴァレー・カーネロス(カルネロス) [201... トップへ戻る